フリーランスエンジニアなら、各種健康保険にはできるだけ加入しておくのがいいでしょう。なぜなら、エンジニア業は体力的にとても厳しいものだからです。納期前には何日も徹夜をして作業をし続けなければならないこともあるでしょう。体調管理が非常に難しくなり、時には倒れてしまうこともあります。運動不足にもなりがちですから、とても健康的な仕事だとは言えません。

このように、フリーランスエンジニアは苦労をする点が非常に多いです。健康状態が悪くなったときにも生活に困らないように、保険にはきっちり入っておくのがベストです。万が一のときのために対策が取れているなら、精神的にも少し楽になります。理想をいえば、健康保険だけではなく個人年金保険などにも加入しておきたいものです。

年老いたときにも続けられるのがフリーランスのいいところですが、年齢が高くなればなるほど体力的にはきつくなります。将来苦労をしないように、若いうちから何かしらの対策は立てておくのがいいわけです。国民年金や国民健康保険はもちろん、民間の保険商品でも一部は所得税の控除に使うことができます。課税所得が抑えられるので、保険をかけながら節税対策にも繋がるので一石二鳥です。お金がなくても、控除に使えるなら入っておいてもいいと考える人が多いです。保険は長い目で見ると得になることも多いですから、苦労が多いフリーランスエンジニアを続けるなら、経済的に困窮をしていても払える分は払っておくのが賢い方法となります。