退職後の健康保険の任意継続被保険者制度

会社のエンジニア担当社員からフリーランスエンジニアに転職をする場合には、開業関連の手続きと併せて、社会保険に関する手続きについても確実に行っておく必要があります。会社から会社へ転職するケースでは、転職先の会社が社会保険に関する手続きを行ってくれますので忘れてしまう心配はいりませんが、フリーランスとして開業するのであればすべて自分で対応していく必要があります。

これがフリーランスの特徴です。社会保険の手続きで特に知っておきたいのが健康保険に関する手続きです。会社員の場合は、その企業の健保組合か協会けんぽの都道府県支部の被保険者として過ごしていたはずですが、その被保険者の立場を続けることができる任意継続被保険者という制度があります。この制度を使うことによって、いままでどおり被保険者として居残ることができるのです。退職の翌日から20日以内に申込みをする必要がありますが、申込が完了し第一回保険料の支払いが完了すると退職の翌日にさかのぼって任意継続被保険者の資格が得られます。

まだ申し込み中で、任意継続被保険者証が届かないうちに病院に行く場合は一旦全額自己負担をしますが、被保険者となる手続きが終了すれば還付申請して取り戻すことができますので安心です。任意継続被保険者となれる期間は2年間だけです。その後は、国民健康保険等の被保険者となります。フリーエンジニアの業務の特徴は、短期間にかなりの作業量を集中して行う可能性があることですので、健康を害するリスクもあります。そのため、健康保険に関する手続きは確実に行っておくことをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です