一般企業に勤めていると、どうしても自分の本当の能力や貢献が収入に直接反映されないものです。支払った労働に対する対価としての収入であるはずですが、自分の貢献度に対して収入が少なすぎるなどといったことで不満を持つ人も少なくありません。一方、フリーランスエンジニアの場合、そうした不満を抱くことはほとんどないと言えるでしょう。言ってみれば完全出来高制の収入体系なので、自分のやったことがそのまま収入に反映してきます。そのため非常にわかりやすい構図をしており、つまり能力があればたくさんの報酬を得られ、能力がなければ低収入になってしまうということです。

フリーランスエンジニアとしてうまく活動していれば、それこそ年収が1000万円を超すことも決して珍しくありません。ネット社会の拡大によって仕事を受注することも難しくなくなっている世の中ですので、安定的に仕事を得ることができるために収入も安定させやすいのです。一方で、もちろん能力が乏しければ収入も減ってしまいます。エンジニアとしての能力だけでなく、クライアントとの折衝などといった能力、さらには年金の支払いや健康保険の手続きなどといった雑務をこなしていく能力など、さまざまな能力が求められる仕事であるだけに、総合的な力が収入にも影響を与えてくるのです。

気を付けたいのは、やはり税金の支払いや健康保険の保険料などについてです。確定申告なども自分でやらなければなりませんので、収入に応じた申告をしっかりするようにしましょう。